家の購入をするにあたって住宅ローンを利用すること

ほとんどの人が家の購入をするにあたって住宅ローンを利用することになりますが、どんなことに注目して金利の比較をするべきなのでしょうか。一口に住宅ローンといってもその種類はいろいろですが、大勢の人に使われているのが銀行の住宅ローンです。

簡単に目に見える部分だけで判断して、銀行の住宅ローンを比較するのは正しいとはいえないでしょう。実際の金利負担で損をしてしまうことがるのが、店頭の標準金利、優遇金利などの数字だけで比較してしまった場合です。

金利優遇を自分が受ける条件を満たしているかどうかが、銀行の住宅ローン金利を比較するにあたって大切なことです。手数料や保証料を含んでいる金利なのかなどを考慮して比較することが不可欠です。

さまざまな種類の住宅ローンの金利タイプが存在しています。変動金利型は半年ごとに金利が変わるもので、固定金利型はローンを組んだ時のまま金利が変わらないもので、固定金利選択型は一定の期間金利が変わらずその後で変動するものだといいます。

高い金利とはいえ、金利の変動によるリスクが抑えられるのが固定金利です。金利は低くなりますが、金利変動リスクが大きくなるのが変動金利の特徴です。

今後家を手放すような事態になることも、金利変動に対処できなければあるでしょう。住宅ローンの金利は自分自身の人生設計やライフスタイル、返済に余裕があるかどうかによって比較検討することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ