FX業者のスプレッドと手数料の違い

FX業者のスプレッドと手数料の違い

外国為替証拠金取引でかかる手数料は、売買手数料があります。売買手数料は、取引する通貨単位によって変わり、通貨単位が多くなれば、それだけ売買手数料も多く支払う必要があります。しかし最近のFX業者では、売買手数料が無料のところもあります。

 

売買手数料が無料になると、大口で取引する人にとっては、かなりのメリットがあります。外国為替証拠金取引では売買手数料のほかに、スプレッドという取引コストがかかってきます。スプレッドとは、通貨間の買値と売値の差のことです。

 

この差は、取引する通貨ペアによって違いがあります。流通量が多いドル・円やユーロ・円は、スプレッドの差が狭いです。これはどのFX業者を見渡しても、同じようなことがいえます。また業者の中には、ユーロ・ドルで取引できるところがあります。

 

このユーロ・ドルも流通量が多い通貨ペアのため、買値と売値の差は狭くなっています。またFX業者によっても、スプレッドの差はあります。同じドル・円でも、1銭の差があるところがあれば、0.1銭にも満たないところもあります。

 

このように外国為替証拠金取引の業者を選ぶときには、スプレッドを比較して選ぶことも、取引コストを抑えるという意味で大切になります。その他にFX業者を比較するところは、システムがどのようになっているのか知ることです。

 

例えば、取引する資金を入出金するときにも、業者によって違いがあります。入金するときに、振り込み手数料が必要なところと、そうでないところがあります。振り込み手数料が必要ではないところは、クイック入金というシステムがあります。

 

このシステムは、その業者が指定する金融機関を利用することで、振込手数料が無料になるというものです。また取引口座には、その日のうちに反映されるようになっているので、円滑に取引することができます。このように、外国為替証拠金取引でかかる手数料は、それぞれの業者によって違いがあります。

サイト運営者情報

サイト所有者名 : 山内 昇

 

メールアドレス : hjhcn656@yahoo.co.jp

 

住所 : 熊本県菊池郡菊陽町原水5547-2

リンク集